ほうれい線を消す効果的な方法

ほうれい線を消す効果的な方法【ベスト4選】

 

 

初めまして、本サイト管理人のmimiといいます。

 

35歳の主婦(子供2人)で仕事は、パートで建設業の事務員しています。
このサイトは、ほうれい線を消して、見た目年齢マイナス10歳を目標とする35歳の私が、世界中(西洋医学・東洋医学)でほうれい線を消す効果の認められているマッサージとエクササイズをまとめました。

 

私と同じ、ほうれい線を消したい!そんな願いを持つ女性のお役に立てれば嬉しいです。

 

さあ、目年齢マイナス10歳を実現させて、女友達に、どうしてそんなに若いの?化粧品なにつかってるの?って聞かれようね!

 


 

 

 

今回も、ほうれい線を完璧に消すことに情熱を燃やす35歳の私がほうれい線に効果的なセルフリンパマッサージの方法を紹介しますね。

 

あっとその前に、このサイトに初めて、訪問された女性に最初に伝えとかなければいけない事があります。
それは、ほうれい線を消すために、効果的な方法とは?その答えです。

 

 

わたし、ひとつの悩みを持つと、まず、その原因を徹底的に、雑誌、本、ネット検索でとことん調べます。
そして、そのほうれい線ができる原因を最も取り除ける方法、それがこのサイトで、紹介しますマッサージとエクササイズなのです。

 

 

ほうれい線と肩こりの因果関係とほうれい線が1センチ消えればどうなるかは、私の別ページをご覧下さい。

 

↓↓↓↓↓

 

トップページ≫ほうれい線を消す為のリンパマッサージとエクササイズの方法

ほうれい線の原因と予防

ほうれい線って本当に嫌ですよね。
だって女性・男性に共通して、ほうれい線の有無(目立つ・目立たない)によって、外見の見た目年齢が大きく変化してしまうから。

 

 

特に鼻の横の運勢ラインと口元のラインからあごまで深くくぼみをマリオネットラインと言いますが、マリオネットラインと、ほうれい線とが合わさると、まるでブルドッグのように見えてしまうようです。

 

 

その上、小鼻から口元まで長く深いほうれい線は口が飛び出して見えて鼻が低く見えて顔全体の印象を悪くします。

 

 

そんな女性の敵のほうれい線の原因について少し調べてみました。

 

 

まず、皮膚のコラーゲン繊維と伸縮性繊維は網状に組まれており、肌の弾力性と伸縮性を維持しています。

 

 

繊維成分の間にあるムコ多糖類と呼ばれる物質が皮膚内で水分を捕まえておくためだそうです。

 

 

しかし、年齢とともに肌の真皮組織内の弾性線維とコラーゲンの生成が低下して....
肌の水分量が低下し弾力性を維持できず、ほうれい線ができるのです!

 

 

そんな、ほうれい線を消す運動(エクササイズ)として有名なのが、

 

 

毎日、口を大きく開けて、あ・い・う・え・お・20回程度繰り返す動作です!
この運動(エクササイズ)を習慣化すると、ほうれい線を防ぐことができそうですよ?

 

 

また、口の周りの筋肉を下から上に引き上げる手の動きを習慣化してほうれい線を緩和するようにしてください!

 

また、口元は、水分と油分が不足すると、ほうれい線が更に目立ちます。

 

 

特に空気が乾燥する冬場は肌が荒れやすく乾燥するので、油分と水分を十分に補給することが大切ですね。

 

 

肌の水分と油分を供給する為の、化粧水・乳液・美容液・保湿クリームを塗る際は、軽くマッサージすると製品の吸収率がアップするので、効果的。

 

マッサージ方法としては、ほうれい線を予防する化粧品を入念に塗りながら、小鼻の横と、歯と歯茎の境目の部分をマッサージします。

 

 

更に、効果をアップさせるには、夜寝る前に美容液や保湿クリームを塗ってのマッサージです。
私も、実践してますが、つい忘れて寝てしまうことも多々ありますね(笑)

 

 

あと、血液の循環を促進して肌の弾力性に役立ちますので、水分補給も大切です。

 

 

水やお茶よりも、スポーツドリンクが最適と言われてますが、私はカロリーが気になるので、カロリーゼロのスポーツドリンク(アクエリアスゼロ)を愛飲してますよ。

 

 

ほうれい線は、自分の実際の年齢よりも老けて見える一番質の悪いしわですよね。
そんな、ほうれい線を消す為に、私が実践している事を今からお伝えしますね。

ほうれい線を消す効果的な方法【その@】

ほうれい線を消す方法

 

【その@】「アエイオウ」運動(エクササイズ)の習慣化

 

 

私も、ほうれい線を消す為にありとあらゆる情報を調べてみましたが、やはりダントツで、一番人気でした。
理由は、時間と場所を選ばずいつでも運動(エクササイズ)できる上に、ほうれい線を消す効果が高いって理由でした。

 

 

あと、お金がかからないのも魅力ですよね。

 

 

 

 

 

ほうれい線を消す効果的な方法【そのA】

ほうれい線を消す方法

 

【そのA】ミネラルとビタミンの摂取量を増やす。

 

 

ビタミンとミネラルは、皮膚の組織の再生に必要です。

 

 

また、皮膚の老化防止・コラーゲン生成に効果があると認められている栄養素ですので、積極的に摂取したいですね。

 

 

でも、野菜や果物から、一日に必要なビタミンとミネラルを摂取するのは非常に難しいですから、私は、サプリメントを愛飲してますよ。

 

 

アサヒが発売してるピュアナチュレってシリーズのをずっと飲んでます。

ほうれい線を消す効果的な方法【そのB】

ほうれい線を消す方法

 

【そのB】十分な水分摂取

 

 

体内の水分が不足すると、皮脂の分泌が少なくなり、皮膚が乾燥し、ほうれい線が目立つようになるそうです。
ですので、ほうれい線を消すためには、一日2リットル以上の水分補給が必要になります。

 

 

私は、カロリーが気になるので、カロリーゼロのアクエリアスを飲んでますが、オススメですよ。

 

 

特に冬場は、空気が乾燥しますので、ボイラー、ヒーターなどで室内が乾燥するので加湿器とミストを使用して室内の湿度を上げる必要もあります。

ほうれい線を消す効果的な方法【そのC】

ほうれい線を消す方法

 

【そのC】まっすく上を向いて寝る

 

 

ほうれい線が一番できにくい寝相は、上を向いて寝るだそうです。

 

 

次が横を向いて寝るです。
そして、一番ほうれい線ができやすいのが、下を向いて寝る(うつ伏せ)って事です。

 

 

でも、私は腰が悪いので、横を向いて寝てます。
横を向いて寝るときは、右と左をまんべんなく向いて寝たほうがいいってことなので、私もそうしてます。